BtoBマーケティング戦略実践 Mission1現状把握

BtoBマーケティング 現状把握のトップ画像

まずは現状把握から

BtoBのダイレクトマーケティングを戦略を立てる前に現状把握が不可欠です。
企業、会社で有る限り事業年度があり1年ごとの決算があり、年度ごとの売上推移を把握する。

〈アーテクが考えるBtoBマーケティングの3大原則〉

1、会社ではなく、人が基準である。2、欲しい人に欲しい情報を提供する。3、魚のいる場所で釣りをする。

事業年度別グラフ画像

対象となる事業年度は、コロナショックが会ったのは2020年1月ごろから。経済に影響が出たしたのは3月ごろなのでコロナショックが起きる前と現在の約3年間を損益計算書推移する。ただ、時間がかかりすぎるのも前に進まないので、最低限の把握に留めることにする。

細分化して把握する。

 

次は、年度ごとに部門別、商品別、業種別に細分化して把握する。そしてその商品を誰が購入したか?がわかるようにデータ化する。

現状把握 画像

自社のトレンドを把握。

次に上記は、事業年度のあくまで結果に分類しただけ、ここからが将来に向けた販売戦略。その年度の新規顧客と既存顧客で分類。誰に何が売れているか?を把握する。

コロナショック後も売れている商品に着目。ショック前後でも売れているA商品の販路を拡大すれば売上は上がる。A商品が主力商品となる。

自社の顧客数を把握。

保有する顧客(得意先・仕入先)はどれぐらいあるのか?取引がある顧客数を把握。代理店販売などは、末端顧客情報(最終クライアント)までリスト化すると今後の開発商品に役立てることができる。

まとめ 現状把握

今回は、あくまで弊社のBtoBマーケティング戦略なので、実践中で変更することがあるかもしれませんが、ブラッシュアップしていきたいと思います。

今何が売れているか?誰に買ってもらっているか?を詳細に分析をして、ターゲットを明確にすることが目的です。

次回はMission2/ハウスデータのデータ化

現状把握をした上で、必要な情報をデータ化する。顧客情報と売り上げを紐付けるデータの作成をします。使用するソフトは、エクセル・アクセスを使用します。

タイトルとURLをコピーしました