BtoBマーケティング戦略・実践 Mission4 オウンドメディア作成

オウンドメディア作成

BtoBのオウンドメディアを作成する。

BtoB(企業間)ダイレクトマーケティングには、大きく分けるとWEBとリアルのマーケティングに分けられる。WEBマーケティングには、SNS/メール(動画、アプリ、ウィビナーなど)。リアルマーケティングは、ダイレクトメールの発送やイベント展示会などがある。

ダイレクトマーケティングの全体図

BtoB、BtoC問わず、コロナショックでWEBサイトへの関心は高まり、各企業間でオンライン化が進み、情報収集する手段はWEBに移行していることでいることは皆さんも実感されていると思います。

そして、情報収集の重なりが今はありますが、2025年まで減少し、リアルマーケティングは特定の業社のみになります。

『キッカケ』がWEBに移行する以上は、商品やサービスの情報を認知させるプラットフォーム(=着地させる)が必要で、そのプラットフォームを認知させるツールや手段が必要です。

プラットフォームとなるWEBサイトの作成

プラットフォームとなるWEBサイト(=ホームページ)の作成するには、外部のWEB制作会社などに発注せず自社の人員で運営するインハウス(自社で作る)での作成が可能です。

『作る時間があればWEB制作会社に頼んだ方が・・・』と言うことをよく聞きますが、会社を繁盛させているのは、『全て社内の人間』です。

WEB制作会社でもなく企画制作部門の社員でもなく、顧客のことをわかっているのは、顧客に携わっている社員の『顧客知識』です。会社(=社長)・制作部門が中心で作ると『売りたいものサイト』になり、営業マンが中心となって作ると『売れるものサイト』になります。

自動見積やカード決済の独自システム等のECサイトなどは、WEB制作会社に頼った方がいいと思いますが、概算の単価表やBASEなど元々カードのシステムがあるソフトと連携すれば、問題も解決すると思います。

SEOに関しても、制作会社に頼んでも3ヶ月から半年は問い合わせがあるかどうか?そんなに時間?待てます?私は無理でした(笑)

初心者でもできる!自分でできるホームページ作成の流れ

仕事の合間(1時間)を使って、実際にWEBサイトを作っていきます。初心者でもわかるようにできるだけクリックごとに画像を貼り付けていきますので挑戦してみて下さい。

プラットフォームを認知させる販促ツールを作成

WEBサイトを作成してすぐに効果があるのもではありません。新規顧客獲得するにも既存顧客を維持するのも『認知させるツールが必要』です。

初期段階のWEBサイトでは、サイト認知度が低いためターゲットに必ず届く一度は見てもらえるDM(ダイレクトメール)を発送する。だたダイレクトメールで伝えるのも限界があります。

ゆくゆくはWEBサイト中心に販促をかけていきますが、DMからWEBサイトを見てもらいお問い合わせフォームそしてデータベース化させる一連の流れを構築していきます。

BtoBのSEOはもういらない?ダイレクトメールでSEO??
サイトマップDMとは?BtoBのマーケティングはまず知ってもらうこと『認知』が大事です。知らないのは『ない』と同じことです。経費と時間をかけたWEBサイトを見てもらうこと。WEBサイトページに合わせてダイレクトメールを印刷作成することができ
タイトルとURLをコピーしました