『誰のために』『何を』『どのように価値をPR』し、何のためにホームページを作成するのか?

hp_00WEB・ホームページ関連

ホームページを開設するにあたっては、いろいろなケースがあるとは思いますが、『誰のために』『何を』『どのように価値をPR』するか?何のために開設をするのか?明確にしていきます。

誰のためにホームページを作るのか?が重要!

『誰のために作るのか?』が重要です。ターゲットは『誰』なのか?

ターゲットはどんな人で、発注者は誰なのか?の情報を洗い出しトコトン明確にしてきます。これらの情報をしっかり洗い出していないとコンテンツの内容やデザインイメージなどターゲットに響かず、離脱してしまいます。

  • 新規顧客を獲得するため?

皆さんが『ホームページを作ろう』っと思うきっかけが多いと目的だと思います。では、『どんな人』と考えるときに間違いが多いのですが、『お問い合わせ』をしてくる人がターゲットです。

つまりは、発注者でもなく、責任者でもなく、その部下の『アシスタント』が多い場合は、そのアシスタントがターゲットになり、そのアシスタントが必要とする情報を入れると言うことです。又、検索キーワードとSEOは必須となります。

  • 既存顧客のフォローするため?

取引、購入していただいた顧客に対して、又検討してもらえるための情報を入れる。例えば、会員価格の表示であったり、まとめて購入するバリュー価格であったり、購入者向けの得する情報を出すことです。新規顧客と比べてSEO重視ではなく、ダイレクトメールやメールなどの告知が必須となります。

  • 名刺代わりのサイトため?

社名や店名で検索すれば表示する程度であれば、わざわざ自作で時間をかけて、wordpressやサーバーなど借りる必要はありません。無料サイトなどコスト重視で選ぶのがベストです。

ただ、企業間で名刺交換した相手は、必ず会社のサイトを見ます。どんな会社で、規模、信用性、どんなサービスがあるのか?を判断しますので作り込みは重要です。下手に魅力のないサイトを作るぐらいであれば作らない方がいい選択肢もあります。

  • アフェリエイトで稼ぐため?

アフェリエイトで稼ぐには、かなりのスキルとセンス、そして継続が必要です。

  • とりあえず作った趣味ため?

日記サイトやコミュニティサイトなど、ある特定の人にだけ見てもらえるサイト。ここも特にサイトを構築をする必要があるのか?と疑問です。Facebook、LINEなどのSNSで十分です。

サイト全体の構成を決める

『ターゲット』が欲しがる情報を考えながら、その情報が顧客にとって必要で見やすいサイト作りをして、良いコンテンツを作るということを一番に考えて下さい。各サイトのページ構成によって、後々のテーマ選びも変わってきます。必要な情報ページを決めていきます。各サイトによってページ構成が変わります。

  • 企業サイト=home、会社概要、強み、よくある質問、商品・サービス、お問い合わせ、新着情報
  • ブログサイト=home、投稿ブログページ、お問い合わせ
  • ランディングサイト=home1画面(発注ページ又はカートへリンク)
  • ポータル情報サイト=home、イベント情報ページ、お問い合わせ

ページ構成

構成を決めるときに、便利なマインドマップのアプリをご紹介。

マインドマップ

マインドマップ2

マインドマップは、ページ構成などを考えるときに便利なアプリです。今頭の中にあるものをどんどん入力していきます。今現在ある商品やサービス又は新商品など全て入力して整理して行きます。

もし、構成に悩んだらターゲットが検索するようキーワードで上位5位ぐらいまでのサイトを見て、1位から5位の情報を全て網羅するサイト構成にして下さい。

キーワードについては、後のstepでご紹介しますが、例えば『料理』をキーワードにした場合、グーグルのロボット検索が『料理』で何を表示したかを確認しておいてください。作り方なのか?料理の種類なのか?そのキーワードでどんなページが上位ランキングしているかを確認しておいてください。

料理の種類で上位を狙いたいのに、作り方の上位になっても、意味がありませんよね。つまり、自分のページの内容と同じものが上位ランキングされているサイトを参考にしてください。

どんなサイトで見せるか?

ページの構成が終わると、どんなサイトを作るか?特にどのサイトレイアウトが一番いいということはありません。ここもターゲットに伝われば何でもいいと思います。

サイトの種類

サイトはいずれかを選ぶのではなく、企業サイトとブログサイトなど複数のサイトを作る選択も一つです。ここで自作だと経費が掛からないメリットが出てきます。1サーバーで上記4つのサイトは運営できますし、1ドメインでサブドメインを使えば、本社とは別に支店特有のサイト構築もできます。

ここまでで『ちょっと私には無理!』っという方へ

この時点で『私には難しい』という方で、でも簡単なサイトは作りたいという方は、ホームページの作成を承ります。

    最後に

    いかがでしょうか?サイトの構成についてざっと説明しましたが、一番重要で、一番時間をかける部分です。自作でホームページを作る場合は次はサーバーとドメインとテーマについてです。

    NEXT STEP02  ドメイン・レンタルサーバーについて
    タイトルとURLをコピーしました